老人性乾燥肌とはどんな症状?

老人性乾燥肌,症状,対策,皮膚,水分

老人性乾燥肌は加齢が原因で皮膚がカサカサと乾燥していきます。

 

加齢とともに、必要な皮脂の分泌や発汗などの身体機能が少しずつ低下していきます。

 

また、角質層の間にある脂質も減少していくため、肌を守るためのバリア機能としての皮脂がなくなることで、肌がデリケートな状態になり、乾燥にも敏感になります。

 

他にも、体の洗いすぎや冬場の気温と湿度の低下によっても進行していきます。

 

老人性乾燥肌の特徴

老人性乾燥肌には、空気の乾燥や加齢が原因で肌水分の低下により起きる老人性乾皮症と皮脂の分泌機能の低下により冬場になると膝から下や腹部、背中にかゆみを生じる老人性皮膚掻痒症に分けられます。

 

かゆみに我慢できずに掻くことで、さらに肌のバリア機能が低下していくため、症状が軽いうちから、保湿を心がけることが大切になります。

 

湿疹やかゆみが酷い場合には、皮膚科で塗り薬を処方してもらうことができます。

 

症状が軽い場合には、白色ワセリンやヒルドイドローションなどの保湿剤を処方してもらえます。

 

日常生活でも、長湯をしないことや体をゴシゴシと擦るように洗わない、湿度に注意し空気が乾燥しないようにする、肌に刺激を与える肌着は着用しないなどを心がけることで、症状を緩和したり予防することができます。

 

 

老人性乾燥肌,症状,対策,皮膚,水分