脂性乾燥肌とはどんな症状?

脂性乾燥肌,症状,対策,ターンオーバー,サイクル

脂性乾燥肌とは、脂性なのに乾燥している状態の肌のことです。

インナードライ肌や隠れ乾燥肌とも呼ばれるものであり、脂浮きなどに悩まされる一方で肌の内側は乾燥している状態になっています。

 

見た目は脂性の肌とよく似ている状態ですが、肌の内部は乾いていています。

 

知らず知らずのうちに水分やハリが失われていきますので間違ったスキンケアをすることによって悪化させることになり、肌トラブルの原因にも繋がるケースが多いです。

 

脂性乾燥肌の原因

脂性乾燥肌の原因には角質層が関わっています。
健康な肌の場合には、バリア機能によって肌の水分は保持されて、紫外線や乾燥などの外からの刺激から肌が守られています。

 

肌のバランスが乱れ、乾燥してしまうと皮脂が過剰に分泌されます。

 

その状態を単なる脂性と勘違いして脂性肌向けのスキンケアをするとターンオーバーのサイクルが乱れてきます。

 

ターンオーバーのサイクルが短くなり、角質層が未成熟なまま肌の表面に押し上げられてくると、肌のバリア機能は低下します。

 

それによって脂性乾燥肌が作られてしまいます。

 

肌の奥へと届ける保湿ケアがポイント

この状態を改善するためには、保湿をすることが重要です。

 

同時に肌のバリア機能も回復させて強化し、正常化していく必要があります。
そのためには、優しく正しい洗顔をし、保湿はしっかりして皮脂をとりすぎないスキンケアが必要です。

 

 

脂性乾燥肌,症状,対策,ターンオーバー,サイクル